忍者ブログ
Admin§Write

俺の横槍

日々読むニュース等の感想とか

HOME ≫ Entry no.2504 「恐竜と共存した巨大ノミ=古生物学者が生態を解明 (時事通信)」 ≫ [2509] [2508] [2507] [2506] [2505] [2504] [2503] [2502] [2501] [2500] [2499]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

恐竜と共存した巨大ノミ=古生物学者が生態を解明 (時事通信)


【パリ29日AFP時事】巨大な恐竜が地球を徘徊していた約1億5000万年前には、体長2センチもの大きなノミが存在していた。フランス、中国の古生物学者



▽つづきはこちら

ヤバイヤバイヤバイ、こいつはヤバイ。

こんなのに刺されたら普通に「ケガ」するだろっていう。吸われる血も相当な量になるのでないか。

ジャンプできないのと身体の大きさから、わりと簡単に発見できそうというのが唯一の救いだが……、こんなのが現代にいたら怖すぎる。


以下、全文。


時事通信 3月1日(木)11時36分配信

【パリ29日AFP時事】巨大な恐竜が地球を徘徊していた約1億5000万年前には、体長2センチもの大きなノミが存在していた。フランス、中国の古生物学者が29日発売の英科学誌ネイチャーで研究論文を発表した。
 学者は中国の内モンゴルと遼寧省から出土した9個の化石を調べた。現在のノミの体長が最大で5ミリなのに対して、古代のノミはメスが2センチを少し超え、オスも1センチ5ミリ近かった。
 羽はなく、現在のノミと違ってジャンブができず、口は比較的小さかった。かぎ爪を持っており、それで爬虫類の毛が生えた皮膚にしっかりとしがみつき、血を吸った。
 約6500万年前に恐竜が絶滅した際、このノミは“獲物“を哺乳類や鳥類に乗り換え、その過程で体が小さくなって生き延びたという。

最終更新:3月1日(木)16時45分


引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120301-00000074-jij-ent

拍手

PR

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

●広告

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

リンク


≪ 交流イベント「日本週間」延期=名古屋市長発言への批判受け―中国・南京 (時事通信) |PageTop| 極秘会談、民・自に波紋=話し合い解散、連立テーマか (時事通信) ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【俺だよ俺俺!】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog