忍者ブログ
Admin§Write

俺の横槍

日々読むニュース等の感想とか

HOME ≫ Entry no.2524 「インフル増殖招くヒトたんぱく特定…東大医科研 (読売新聞)」 ≫ [2529] [2528] [2527] [2526] [2525] [2524] [2523] [2522] [2521] [2520] [2519]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

インフル増殖招くヒトたんぱく特定…東大医科研 (読売新聞)


 インフルエンザウイルスが人間の体内で増殖する際の鍵となるたんぱく質を、東京大学医科学研究所が初めて突き止めた。 新たな治療薬の



▽つづきはこちら

エネルギー生産を担うところに関わっているなら、そこを取り除けばオッケーというわけにもいかないな。

これを利用して増殖を止めるタイプの薬が増えたら、インフルが進化したりとか、ないのかね。


以下、全文。


読売新聞 3月6日(火)9時22分配信

 インフルエンザウイルスが人間の体内で増殖する際の鍵となるたんぱく質を、東京大学医科学研究所が初めて突き止めた。

 新たな治療薬の開発につながる成果で、米科学アカデミー紀要電子版に6日掲載された。

 インフルエンザウイルスは、人間の細胞に侵入すると、細胞側の様々なたんぱく質と結びつくが、増殖の際に、どのたんぱく質を利用するかは不明だった。

 医科研の河岡義裕教授、五来武郎さんらは、細胞のたんぱく質のうち、エネルギー生産を担う「ATP合成酵素」を構成する「F1β」に着目。F1βの量を減らす操作をしたところ、細胞から出てくるウイルスが減るのを確認した。

 ATP合成酵素は、細胞内のミトコンドリアに多くあるが、ウイルスは、細胞膜に含まれるF1βを利用していた。また、このメカニズムはA型、B型インフルエンザに共通だった。

最終更新:3月6日(火)9時22分


引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000187-yom-sci

拍手

PR

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

●広告

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

リンク


≪ 「希望退職制」を本格検討=人員削減へ金額上積み―政府 (時事通信) |PageTop| 日米、普天間の大規模補修を検討=玄葉外相「固定化、あってはならない」 (時事通信) ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【俺だよ俺俺!】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog