忍者ブログ
Admin§Write

俺の横槍

日々読むニュース等の感想とか

HOME ≫ Entry no.2518 「政府、北方領土問題は期待と冷静な受け止め交錯 (産経新聞)」 ≫ [2523] [2522] [2521] [2520] [2519] [2518] [2517] [2516] [2515] [2514] [2513]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

政府、北方領土問題は期待と冷静な受け止め交錯 (産経新聞)


 強い指導力、問題解決への意欲、柔道有段者でもある知日家…。4日投開票のロシア大統領選でプーチン首相が当選したことで、停滞状態にある北方領土問題の進



▽つづきはこちら

相手の頭が代わった程度でどうして期待できるのか不思議だわ。


 強い指導力、問題解決への意欲、柔道有段者でもある知日家…。



これが全部、日本の国益を削いでロシアの国益とするために使われるものだと考えたほうが自然でしょ。

好き好んで自国を切り売りする民主党の皆さんには想像つかないのかな。政治家って、普通は自国のためにこそ動くものなんだけど。

たまたまロシアの考えるベストの一手の中に「北方領土を返還して日本に何らかの協力をさせる」とういものがあったとして、それがどこまで日本に利のあるものか、へたしたら領土が返ってきても別の面で莫大な負担を強いられる可能性だってあるわけで。

それで「領土問題」が解決か、といえば違うでしょ。

ちゃんと「外交」やってくださいよー。


「今後、アジア太平洋地域の戦略環境が変化する中、ロシアとパートナーとしてふさわしい関係を構築すべく、さまざまな分野で協力を進めていく」



そうやってまた、訳の分からん譲歩を重ねて事態を悪化させるのだろうなあ。


以下、全文。


産経新聞 3月5日(月)12時4分配信

 強い指導力、問題解決への意欲、柔道有段者でもある知日家…。4日投開票のロシア大統領選でプーチン首相が当選したことで、停滞状態にある北方領土問題の進展に向けた野田政権幹部らの期待が高まっている。ただ、事務方は「領土問題はそんなに甘い問題ではない」(外務省幹部)と冷めた受け止めが大勢だ。

 「今後、アジア太平洋地域の戦略環境が変化する中、ロシアとパートナーとしてふさわしい関係を構築すべく、さまざまな分野で協力を進めていく」

 藤村修官房長官は5日の記者会見で意欲を示した。野田佳彦首相も3日の海外メディアとのインタビューで、プーチン氏が「最終的に解決したいと強く願っている」と発言したことを次のように歓迎している。

 「プーチン氏の発言は問題を解決していこうという意欲を感じる。真意は直接よく聞かなければならないが、これからさまざまな議論を深めていければ…」

 政権首脳から好意的な反応が相次くが、外務省幹部は「(プーチン氏が日本と)しっかり話すという意欲を示したのはよかったが、従来の立場から大きく踏み出してはいない」と冷静だ。大統領時代に歯舞、色丹の2島を返還するとした1956年の「日ソ共同宣言」を上回る譲歩には否定的だったプーチン氏の姿勢は、今も変わっていないとみている。

 野田政権はこれまで、ロシア側を刺激することを避け、「静かな環境で議論を行う」(首相)対露外交方針をとってきた。歴代民主党政権が北方領土について「不法占拠」という言葉は使わず、「法的根拠のない形で占拠されている」と表現するのもその一環だ。

 ただ、領土問題でのあいまいな姿勢は「かえってロシアに日本は不正直との印象を与え、相手にされない一因となってきた」(外交関係者)との指摘もある。

最終更新:3月5日(月)12時56分


引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000518-san-pol

拍手

PR

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

●広告

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新トラックバック

リンク


≪ <がん>五つの生活習慣の実践でリスク4割低下 (毎日新聞) |PageTop| 首相、谷垣氏との会談は「表でも裏でも大いに」 (読売新聞) ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【俺だよ俺俺!】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog