忍者ブログ
Admin§Write

俺の横槍

日々読むニュース等の感想とか

HOME ≫ Entry no.1961 「長谷部、代理GKの真相を語る「本音はやりたくなかったし、悔しかった」 (SOCCER KING)」 ≫ [1966] [1965] [1964] [1963] [1962] [1961] [1960] [1959] [1958] [1957] [1956]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

長谷部、代理GKの真相を語る「本音はやりたくなかったし、悔しかった」 (SOCCER KING)


 17日に行われたブンデスリーガ第6節で、日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは、ホッフェンハイムとアウェーで対戦。試合はヴォルフスブルク



▽つづきはこちら

写真を見ると妙に様になっているし格好よかったけど、本人はやりたくなかったのか。

交代要員がなく、現在のメンバーの中から誰か1人を削ってキーパーに回さなくてはならない、という状況下で指名されたとなると、自分が抜けても一番プレイに影響がないと認識されていた、とも言えるわけで。だとしたら悔しいだろうなあ。


以下、全文。


SOCCER KING 9月18日(日)22時18分配信

 17日に行われたブンデスリーガ第6節で、日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクは、ホッフェンハイムとアウェーで対戦。試合はヴォルフスブルクが1-3で敗れている。

 長谷部は先発フル出場したが、80分に味方GKマルヴィン・ヒッツが退場処分となるアクシデントが発生。交代枠を使い切っていたヴォルフスブルクは、長谷部をGKのポジションに据え、対応した。

 突然、GKを任されることになった長谷部だが、85分に失点。試合後、長谷部は自身の公式ブログでGKを務めることになった経緯を明かしている。

 長谷部は、自ら率先して代理のGK役を買って出たと少し誤解を受けているとして、「監督にやれって言われただけです」と、フェリックス・マガト監督に指名されたことを告白。

「本音を言えばやりたくなかったです。試合的にもこれからって時だったし、僕自身もチームで久々のボランチでのプレーだったので悔しかったです」

「誰かがやらなきゃいけなかったので仕方ないですが。もう、昨日の試合は忘れて次に向かいます」と、長谷部は既に次戦へと気持ちを切り替えているようだ。

最終更新:9月18日(日)22時18分


引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110918-00000324-soccerk-socc

拍手

PR

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

●広告

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

リンク


≪ 福島第1、作業員たちは今 放射線と対峙、自ら突入…2000人の闘い (産経新聞) |PageTop| 決断なければ「普天間継続」=日米首脳会談で説明期待―メア国務省前日本部長会見 (時事通信) ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【俺だよ俺俺!】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog