忍者ブログ
Admin§Write

俺の横槍

日々読むニュース等の感想とか

HOME ≫ Category 「サイエンス」 ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


京大など、ホップの苦味成分を作る遺伝子を発見 (マイナビニュース)


京都大学などの研究グループは、ビールの醸造に必要なホップの苦み成分を作り出す遺伝子を発見したことを発表した。同成果は、同大生存圏研究所の矢崎一史教授

拍手

PR

▼ つづきはこちら

タミフル使用中止、NPOが厚労相に要望 (読売新聞)


 インフルエンザ治療薬「タミフル」は、処方直後に患者の容体が急変し死亡する危険性が高いとして、薬害を調査研究するNPO法人「医薬ビジランスセンター」

拍手


▼ つづきはこちら

インフルエンザに「ビタミンD有効」 (産経新聞)


 インフルエンザについて多くの人が怖いと思っている半面、正しい知識を持った人は少ないことが、トレンド総研(東京都渋谷区)の調査で分かった。「予防には

拍手


▼ つづきはこちら

iPS細胞から大量の血小板 バンク化、安定供給目標 (産経新聞)


 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から血液を凝固させて止血する機能をもつ血小板を大量に作り出す方法を、京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授(再生医療)

拍手


▼ つづきはこちら

ネズミは仲間見捨てない…米大学チーム確認 (読売新聞)


 【ワシントン=山田哲朗】自分は得するわけでもないのに、困っている仲間を助ける。他人の感情を共有するそんな「共感」の能力をラットも備えていることが、

拍手


▼ つづきはこちら

<脊髄再生>乳歯幹細胞使い成功 世界初、名大研究チーム (毎日新聞)


 ヒトの乳歯の歯髄幹細胞を、脊髄(せきずい)を切断したラットに移植すると、中枢神経が再生して後ろ脚の機能が回復するとの研究結果を名古屋大の上田実教授

拍手


▼ つづきはこちら

カラス、身ぶりで「会話」する? (読売新聞)


 ワタリガラスという欧州などにすむカラスが物を見せたり差し出したりする身ぶりを通じて、仲間の注意を引きつけていることを、独マックス・プランク鳥類学研

拍手


▼ つづきはこちら

副作用ほとんどない抗がん薬、浜松医科大が開発 (読売新聞)


 浜松医科大(浜松市)は22日、副作用を軽減させる抗がん剤開発を進め、動物実験で効果が得られたと発表した。今後、臨床試験に入り、実用化を目指す。

拍手


▼ つづきはこちら

部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ (読売新聞)


 茨城県の女子高生らが新たな化学現象を発見し、権威のある米専門誌に論文が掲載されることが決まった。 専門家は「高校生の論文掲載は

拍手


▼ つづきはこちら

田中耕一さんら新技術開発 がん、血液1滴で早期診断 (産経新聞)


 健康診断などで行う血液検査の感度を従来の100倍に高める新技術を、ノーベル化学賞受賞者で島津製作所フェローの田中耕一さん(52)らが開発し8日、発

拍手


▼ つづきはこちら

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新トラックバック

リンク


≪ 前のページ |PageTop| 次のページ ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【俺だよ俺俺!】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog